ヤミ金と生活保護不正受給の密接な関係

恋するバイナリーオプション > 金融 > ヤミ金と生活保護不正受給の密接な関係

ヤミ金と生活保護不正受給の密接な関係

以前からヤミ金と生活保護不正受給の密接な関係がマスコミなどで取りだたされることがありますが、これについては真偽が不明な所が多すぎるというのが実情です。

というのも闇金といえども金融業者の一種であり、賢く借金を返済して貰わなければ商売として成り立たないので生活保護のような返済能力がない人間に金を貸すという事はほとんどないというのがまず一つあります。

以前は十日で一割などの暴利も多かったのですが、最近では総量規制施行前のサラ金並の金利で総量規制から外れた人間などを狙うソフト闇金という物も多いですし、保護を受けている経済状況ではそもそも一般的な金利でも借金をおうとパンクしてしまう可能性が高い物ですので、闇金としてもあまりうまみが無い客なのです。

また国の監視があるという問題もあります。

ホームレスを集めて保護受給を指せていたヤクザなども現実に存在しますが、これらは警察や役場の監査などで発見され逮捕される恐れがあります。

闇金というのは基本的に違法行為であり返済の義務はない、と明確に法律で定められていますので、利用者が役場に相談するなどしたらそれだけで逮捕されてしまうのです。

毎月一定額の現金支給があるという事で定期的な返済が見込める、と貸し付けを行う企業があると言われていますが、そもそもヤミ金というのは統計などでで正確な数字や実態が出てくる商売では有りませんし、借金をしている人間としてはわざわざ人にいうような事でも有りませんので実態は依然不明なままというのが現状です。